たからがい

image

たからがいはとても可愛らしい貝。

それぞれの名前はとてもチャーミングで、キイロダカラ、アヤメダカラ、ハツユキダカラ、オミナエシダカラ…。

簡単に名前を付けたくなってくる。クロダカラ、テンテンダカラ、スジイリダカラ…。

さて、写真にあるのは主に三浦半島で拾ったタカラガイ。写真上の方の小さくて白っぽいのはおそらく、ハナビラダカラ。黒く光っててんてん模様なのはハナマルユキ。

タカラガイをハンドブックで調べていたら、貝の経年変化の様子が載っていた。貝が死んでからどれくらい経つと、模様や色がいろいろと変わってゆく。

波にけずられてゆくにつれて、そのようすが変わってゆくのは、十二単を一枚一枚脱いでゆくような愛らしさを感じた。

タカラガイは国によってはお金として使われていたり、また、美しい民族衣装の飾りに使われていたりする。
(佐々木真由子)

Advertisements