Fijord

1d_120226-b

この春フィヨルドにゆく。フィヨルドというのはまったく馴染みがなく、また、これを説明した文献になかなか出会わない。Webで見るフィヨルドの写真は、日本でも見るような山あいの景色とあまり違いがないように見てとれ、いまいち良さがわからない。とはいえ、写真で判断するのは好まないので、まっさらな気持ちで臨もう。

雪がつもって、下の方が固まって氷になったものが氷河。その氷河が山から流れるとき、はげしく浸食し、谷がうまれる。ここが沈水して海になったものがフィヨルドだそうだ。(「科学の事典」岩波書店より)

氷が岩を削るのか、と思うと不思議な気もするけれど、よくよく思えば水だって岩を削るわけで、何事もやはりみたままでは判断できないものだとあらためて思った。
(佐々木真由子)

 

Advertisements