ユーカリ〈 草や木とゆく 〉

(c)hikarusasaki-X980-390

大きくてやさしい樹。ユーカリ。

ユーカリの木をみたことがありますか。
どっしりとした幹。縦に連なる模様の木肌に、細長い葉の木漏れ日が揺れる様子はうっとりさせられるような風情があって、夏の終わりに、ゆったり眺めていたくなります。


知人の樹皮編み作家さんから、ユーカリの樹皮は勝手によく裂け地面に落ちるので、身近な公園でもはがれた樹皮を観察することができる、と教わったことがあります。風の強い日のあとがねらいめだとのこと。
実際、東京都内の公園でも、木の足もとにたくさん樹皮が落ちているのをみかけることがありました。

ユーカリ属の木は、日本には公園樹として数種のみだけれど、オーストラリアには500種類以上もあるのだとか。独特のおおらかさがある樹で、原産地で風に揺れる様子を見てみたいなあ、と思います。

・・・小連載   〈 草や木とゆく 〉
過去のフィールドワークから、草木の写真を蔵出ししてご紹介する記事の連載をはじめます。

(佐々木光)

Advertisements