必見です『北太平洋と北西海岸先住民のトーテム』

csesensitka-imgp4094
世田谷の生活工房でひらかれている展示、『 7つの海と手しごと〈第7の海〉  北太平洋と北西海岸先住民のトーテム』。

人間と自然のかかわりについて、世界の多様なありかたについて、またあらたに考えさせられるすばらしい展示でした。
東京ではあまり観られない貴重な展示品も多く、北方文化やその造形にすこしでも興味がある方にとってはまたとない機会です。見逃す手はありません。

「トーテム」とは、ある人間の集団が特別に深い関係を持つ、動植物や自然現象のこと。
会場では、クマやワタリガラスなどの「トーテム」が刻まれたさまざまな生活道具が、神話やお話とともに、展示されています。

美しい造形の数々に圧倒されながら、世界の大きさや柔らかさについてしんしんと考えました。
自分の日々のこころのありようは、この世界を小さく固いものにしてしまっていないだろうか。
身近な生きものへの尊敬・あこがれを失っていなかったか。

いつの日かふと思いだして、あのとき観ておいてよかったな、と思う瞬間が来るような、そんな展示だな、と思います。
会期は12月18日まで。入場無料。ぜひ脚をはこんでみて下さい。

7つの海と手しごと〈第7の海〉 北太平洋と北西海岸先住民のトーテム
せたがや文化財団・生活工房
http://www.setagaya-ldc.net/program/346/

( 佐々木光 )

Advertisements