Category Archives: Nature & Science

トナカイ

sesensitka20161223-1-1

“tunakkay”  sesensitka 2016

「トナカイ」がアイヌ語だと知ったのは大人になってからでした。英語では「Reindeer」と呼ぶことは歌で知っていたけれど、英語の図鑑に出てくる「Caribou」も同じトナカイだと認識できたのは、やはり大人になってからのことです。(ReindeerとCaribouは亜種の関係になるそうです。参考:アラスカ大学のサイトnews and information
Continue reading

Advertisements

「あたらしい野生の地」「彷徨える河」

web20161124-1

すばらしい映画を観ました。

「あたらしい野生の地 リワイルディング(原題:De nieuwe wildernis)」は、オランダの自然保護区で復活しつつある野生動物の営みを撮影した映画です。再導入された野生馬たちを中心に、生と死のめぐりを見事に描いています。 Continue reading

indigo染め

 

8月のとあるお休みの日。友人から藍染をしませんかとお家に誘っていただきました。庭に寄せ植えられたアイの草を摘み、ミキサーにかけて汁を絞り、布や毛糸をじゃぶじゃぶとひたす。ただそれだけで、緑〜青色のきれいな染めものができあがりました。とても簡単なのですね。 Continue reading

夏至 暗闇と重力

今日は夏至ですね。日本では、一年で一番夜が短く、昼間が一番長い日。
「時間をめぐる、めぐる時間の展覧会*」はちょうど春分のころでしたから、地球が太陽のまわりを1/4周ほど動いたことになります。

先日、フィンランドに一週間ほど滞在する機会がありました。 Continue reading